【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

医師が閲覧する製薬企業ウェブサイト トップはファイザー MCI調査

公開日時 2011/12/15 04:01

医薬品の市場調査などを手掛けるエム・シー・アイは12月14日、医師が閲覧する製薬企業ウェブサイトのランキング(速報、2011年7~9月)を発表した。ファイザーのサイトの閲覧率が20.2%とトップで、前年同期比7.1ポイント増となった。2位はアステラスで同19.8%(前年同期比1.7ポイント減)、3位は武田薬品で同15.0%(1.7ポイント減)――だった。エム・シー・アイは、ファイザーが前年同期比で大きく閲覧率を伸ばした理由について、10年11月頃から医療関係者向けウェブサイト「PfizerPRO」の告知を積極的に展開し、ここにきてその効果が表れたためと分析している。

エム・シー・アイによると、閲覧率の高い企業のウェブサイトでは、掲載している疾患領域のコンテンツが充実しているほか、他社にないサービスを展開していることが見られるという。今回の閲覧率ランキングに寄せられた医師コメントを見ると、例えば、PfizerPROの場合は、The England Journal of Medicine(NEJM)に掲載されている全ての論文をフルペーパーで閲覧できる。また、武田薬品のサイトでは症例検討会を展開するなどしている。エム・シー・アイは、「このような他社にないサービスが閲覧につながっている」としている。

今回の調査期間は10月31日~11月14日。方法はインターネット。有効回答者数は3057人だった。回答医師の年代は30歳未満が5.4%、30歳代が25.3%、40歳代が35.9%、50歳代が28.0%、60歳以上が5.4%。施設形態は大学病院(国公立)12.0%、大学病院(私立)5.5%、国公立病院19.9%、一般(民間)病院37.8%、医院・診療所・クリニックが24.8%――。
(修正済/12月15日14時10分)

 



2011年7-9月の製薬企業ウェブサイトランキング
順位 企業名 閲覧率 前年同期比
1 ファイザー 20.2% 7.1ポイント増
2 アステラス製薬 19.8% 1.7ポイント減
3 武田薬品 15.0% 1.7ポイント減
4 第一三共 13.1% 2.1ポイント減
5 アストラゼネカ 11.3% 0.9ポイント減
6 グラクソ・スミスクライン 10.8% 1.0ポイント減
7 大塚製薬 9.8% 2.8ポイント減
8 エーザイ 9.3% 0
8 MSD 9.3% 0.7ポイント増
10 大日本住友製薬 9.0% 0.7ポイント減
       
(n=3057)







 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー