【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

SNSを利用する医師46% 仕事活用は少数派 メドピア調査

公開日時 2012/10/03 04:01

医師限定の会員サイト「MedPeer」を運営するメドピア社は、会員医師に対し「ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用」状況について調査した。2156の回答が寄せられ、46%が利用していたが、そのうち「閲覧のみ」が最も多く29%。それ以外も含め、プライバシーの漏えいや情報の悪用などに懸念も少なくなく、仕事への活用は少数派であることがうかがえた。

その中においても、「今や、これなくしては調べ物はできません。近くの忙しい同僚に聞くより遠くの他人の同業者」(50代、循環器内科、回答「週に数回程度、閲覧のみ」)、「所属する医局がFacebookを始めました。大学の様子が分かり、なかなか良いです。(40代、精神科、回答「週に数回程度、閲覧のみ」)と仕事に利用している医師もいる。

「ほぼ毎日閲覧と投稿を行っている」は利用者のうちの13%で、「情報交換の場として使えるアイテムだと思う」(40代、救急医療科)、「出身高校の友人との交流が多い」(50代、一般内科)、「特にfacebookは全国の医療従事者との大事な情報共有インフラになってしまいました」(30代、一般外科)との声があった。

「利用していない」54%の医師からは理由として、「セキュリティの問題」(40代、麻酔科)、「メリットを感じない」(40代、一般外科)、「余計な個人情報は出したくないので全く興味がない」(40代、呼吸器外科)、「面倒なことが起こりそう」(40代、整形外科)、「チェックする時間もありません」(50代、一般内科)、「直接会って話すのがいい」(30代、精神科)--などが挙がった。


 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー