【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

薬剤師向けスマホ用副作用検出アプリ 無償提供開始

公開日時 2012/11/19 04:01

薬剤師が患者から聞きとった症状を入力することで副作用シグナルを検出するスマホ用アプリを、日本ベーリンガーインゲルハイム(NBI)、山口大学医学部附属病院薬剤部、ウェブサービス会社のプラスアールが共同で開発した。アプリ名は「副作用シグナルCHECKER」で、11月16日から薬剤師など医療関係者向けに無償提供を始めた。iPhone、Androidとも対応。

患者の自覚症状を「皮膚の症状」「目の症状」など8項目に分類して問う形式で、確認結果は、CSVファイルにより電子メールで送信することができ、何らかの副作用シグナルが検出された場合には薬局と病院との間で情報共有することも可能という。

山口大学医学部附属病院では11年4月から運用し、12カ月間で報告を受けた副作用シグナルが1188件、うち処方医に連絡を行ったのは93件だった。

入手は、ベーリンガーインゲルハイムのウェブサイト( www.boehringer-ingelheim.co.jp )にアクセスし、ナビゲート先のApple StoreまたはGoogle Play Storeの該当ページからダウンロードできる。





 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー