【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

サスメド デジタル認知行動療法のアプリの保険適用希望書を取下げ 保険適用見送り受け

公開日時 2024/01/30 04:48
サスメドは1月29日、「サスメド Med CBT-i 不眠障害用アプリ」について、2024年度診療報酬改定時の保険適用希望書を取下げると発表した。同日開いた取締役会で決定した。アプリは、昨年2月15日に医療機器として製造販売承認を取得し、保険適用を希望していた。ただ、1月15日の中医協診療報酬調査専門組織医療技術評価分科会では、同社の申請した「プログラム医療機器を用いた不眠障害に対する認知行動療法」について、「評価すべき医学的な有用性が十分に示されていない」として、保険適用が見送られる方針が示されていた。

同社は、「アプリ単体で医学的有用性を有することについては、すでに適正なプロセスを経て実施された治験の結果によって示されており、厚労省から当該結果に基づき医療機器製造販売承認を取得しているという事実について変更はない」と強調。日本では睡眠薬の処方量が多い現状や、諸外国で第一選択肢となっている認知行動療法が人手不足などから十分普及していないことに問題意識があると説明。「本アプリを適切に保険収載することによって、対面式の認知行動療法に依存しないデジタル認知行動療法を実現し、このような医療現場が抱える課題の解決に資するものとしていきたいと考えている」との見解を表明。保険適用が見送られたことで、「現在提出している保険適用希望書の枠組みでは当社の希望に沿った結論とならないと判断した」として、保険適用希望書の取下げを決めたとしている。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー