【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

アムジェン・14年度通期決算 主要製品伸長で増収増益

公開日時 2015/02/05 03:50

 アムジェンはこのほど2014年通期業績(14年1~12月)が売上高200億6300万ドル(前年比7%増)、純利益51億5800万ドル(同2%増)の増収増益になったと発表した。同社トップ商品の顆粒球コロニー刺激因子製剤・ニューラスタ/ニューポジェンが微減収にとどまった以外は主要製品のほとんどが好調で、新たに1製品がブロックバスター入りしたことが好業績に貢献とした。


研究開発費は前期比5%増の41億2100万ドル。地域別売上高はアメリカ147億ドル3200万ドル(同5%増)、その他の国が45億9500万ドル(同11%増)。


製品別売上高は ニューラスタ/ニューポジェンが57億5500万ドル(同1%減)、完全ヒト型可溶性TNFα/LTαレセプター製剤(関節リウマチ治療薬)・エンブレルが46億8800万ドル(同3%増)、遺伝子組換えエリスロポエチン製剤・エポジェンが20億3100万ドル(同4%増)、持続型赤血球造血刺激因子製剤・アラネスプが19億3000万ドル(同1%増)、ヒト型抗RANKLモノクローナル抗体製剤(固形癌関連骨転移治療薬)・エクスジバが12億2100万ドル(同20%増)、維持透析下二次性甲状腺機能亢進症治療薬(カルシウム受容体作動薬)・センシパー/ミンパラが11億5800万ドル(同6%増)、骨粗鬆症治療薬・プロリアが10億3000万ドル(同38%増)、ヒト型抗EGFRモノクローナル抗体製剤(抗がん剤)・ベクティビックスが5億500万ドル(同30%増)、血小板造血刺激因子製剤(トロンボポエチン受容体作動薬)・エヌプレートが4億6900万ドル(同10%増)。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー