【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

【World Topics】ウーバーとモデルナが提携 新型コロナワクチンの普及促進で

公開日時 2021/01/27 04:51
米国でファイザーに続いて、新型コロナウイルス感染症のワクチン供給を開始したモデルナが、ライド・シェアリングから料理の出前・日用品の配送までを手がけるウーバー(Uber Technologies)との提携を発表した。

両社は今後、ウーバーのメッセージング・システムを活用して、新型コロナウイルス感染症のワクチンに関する迅速な情報提供を行うほか、複数の医療保険会社および非営利の社会福祉法人等と連携して低所得層や高齢者世帯等を対象にワクチン接種の送迎を行う(およそ6000万ライドを提供)。
両社は、このサービスプラット・フォームをさらに拡大して各地域の公衆衛生担当行政窓口やFDAやCDC等連邦政府の担当窓口とも連携し、正しい情報をいち早く国民に提供するチャネルを提供していく計画だ。

ウーバーはパンデミック宣言が出された直後に、いち早く医療従事者支援を同社の社会貢献として打ち出し、医療機関等職場と自宅の往復に1000万ライドを無料で提供してきた実績がある。また生活困窮世帯向けの食料配送事業者(非営利)と協力し、同じく1000万回の食料配送サービスを無料で提供してきた。

ウーバーは上述のモデルナとの提携発表と同時に、今後は、全米の貧困世帯あるいは無保険者等向けに、COVID19ワクチン接種のための往復ライド・サービスを1000万回無料または割引料金で提供すると発表している。

ワクチン接種へのアクセス支援の提供は、COVID19ワクチンの場合には特に有用だと各方面から期待されている。というのも、COVID19ワクチンは一定期間に2回重ねて接種しないと効果が見込めないからで、最初のワクチン接種に行くことはもちろん、2度目の接種をきちんと受けなければ意味がないからだ。ウーバーのメッセージング・システムの活用には、2回の接種を確実に受けてもらうための顧客管理機能も期待されている。(医療ジャーナリスト 西村由美子)
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(6)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー