【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

田村厚労相 老健局職員23人による24時前までの飲食を謝罪 「国民からみて常識を逸する行動だった」

公開日時 2021/03/31 04:50
田村憲久厚労相は3月30日の参院厚生労働委員会で、厚労省老健局老人保健課の職員23人が3月24日の夜に送別会の主旨で24時前まで都内で飲食していたことを謝罪した。田村厚労相は、「厚労省は国民の皆さまに5人未満の会食をお願いしており、夜遅くまで飲食しないようお願いしている立場にある。これ自体が信用を失う行為であることは間違いない。十分に指導ができていなかったことをお詫びする」と述べ、頭を下げた。

この日の参院厚労委員会では、与野党の委員から、厚労省職員が大人数で24時前まで行った会合を質す質問が相次いだ。会議冒頭で発言を求められた田村厚労相は、「東京都は21時まで飲食店に時短営業を要請しているなかで、職員が24時前まで大人数で飲食をしていた。最後まで残っていたのは十数名だが、しかし大問題である」と強調。「しっかりと綱紀粛正に諮り、このようなことがないよう、さらには国民の皆さまからの信頼を失うことのないよう精進してまいりたい」と述べた。

◎「これは厚労省全体の問題でもある」

田村厚労相はまた、「業務が終わったからというゆるみがあったら言語道断だ。夜の会合は業務後であっても厚労省の職員であることに間違いない。厚労省として都民や国民にどんなお願いをしているか自覚が無い中でこうした行動は許されるものではない」と語気を強めた。さらに「23人というのは異常な人数だ。課(の全ての職員)がそのまま動いているのに近い行動だ。これは厚労省全体の問題である」と断じ、「国民からみて常識を逸する行動であったということを、本人も自覚しなければならないが、あわせて厚労省全体でもそのようなことが起こったことを十分に認識し、省全体で反省する。しっかり信頼をもう一度取り戻せるよう取り組む」と強調した。島村大氏(自由民主党・国民の声)への答弁。

◎土生老健局長 23時までやっている店を選定「あってはならない不適切な対応」

土生栄二老健局長は、老健局老人保健課の職員23人が出席した送別会の詳細について、「現在調査中だが、店の選定については23時までやっていることを確認の上で、予約した。それについてもあってはならない不適切な対応だった」と謝罪した。また、会費の支払いを質す質問に対しては、「課ごとに親睦会経費として給与の一部を積み立てていた」と述べた。また、「24時近くまで店にいたことも事実。店にも迷惑をかけた。何人かはタクシーで帰宅したと聞いているが、自己負担で支出したと聞いている」と述べた。石橋通宏氏(立憲民主・社民)への答弁。


プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー