【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

東和薬品 トレアキシン後発品の特許侵害訴訟 「当該特許権を侵害しない旨を主張し争っていく」

公開日時 2023/01/17 04:50
東和薬品は1月13日、製造販売している抗がん剤・トレアキシン(一般名:ベンダムスチン塩酸塩)の後発品が特許を侵害しているとして、先発品の製造販売元のシンバイオ製薬とそのライセンス元から提訴されたことについて、「裁判において当該特許権を侵害しない旨を主張し争っていく」との方針を発表した。

この訴訟は、シンバイオ製薬がライセンス元の米イーグル・ファーマシューティカルズ・インコーポレーテッドと共同で提起したもので、両社は2022年12月16日に訴訟を提起したことを発表している(記事はこちら

東和薬品によると、シンバイオ製薬とイーグル社は、イーグル社が保有する特許権(特許第 6570601号)に基づき、▽ベンダムスチン塩酸塩点滴静注液25mg/1mL「トーワ」、▽ベンダムスチン塩酸塩点滴静注液100mg/4mL「トーワ」――について、製造・販売等の差止め及び製品の廃棄、ならびに10分かけて患者に投与される旨を記載した添付文書・インタビューフォームの使用の差止め及び廃棄を請求した。損害賠償請求額は計9億3000万円で、内訳はイーグル社が被った損害の一部として3000万円、シンバイオ製薬が被った損害の一部として9億円となっている。

ファイザー、Meiji Seikaファルマ、コーアイセイ、東和薬品――の4社が22年2月に、トレアキシン後発品の製造販売承認を取得した。シンバイオ製薬によると、この4社に対して特許権侵害の懸念を文書で通知し、「適切な対応」を求めた。このうち東和薬品は6月17日に後発品の販売を開始したため、シンバイオ製薬とイーグル社が訴訟に踏み切った。なお、ファイザーは12月16日に同後発品を発売。これを受けてシンバイオ製薬とイーグル社は12月26日付でファイザーに対する訴訟も提起した。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー