【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

ロート製薬 社外チャレンジワーク(複業)に144人、社内ダブルジョブ(兼務)に社員123人が実践

公開日時 2023/06/12 04:49
ロート製薬は6月9日、2016年4月に導入した「社外チャレンジワーク(複業)」の実践社員が144人(3月時点)、「社内ダブルジョブ(兼務)」の実践社員が123人(5月時点・ともに延べ人数)に達したと発表した。同社が制定した6月10日の健康宣言日「ロートの日」にあわせて公表したもの。杉本雅史代表取締役社長は、社員のウェルビーイングに焦点を当てた「新・働き方宣言」を公開し、「日々進化するデジタル技術を徹底的に駆使しながら、一人ひとりが考え続け実行する“本質的な働き方の改革”に全社一体となって取り組んでまいります」と強調した。

同社はウェルビーイングな社会の実現に貢献し続けるため、社員一人ひとりの自律・成長を経営の中心に置き、「個人と会社の共成長」を目指す様々な取り組みを実施している。2022年4月には、「一人ひとりが仕事への向き合い方を数値化し振り返る“Well-beingポイント”」を公表、22年10月には、「自律型人材への成長を促す新人事制度「ROHTO WAY2020」を発表してきた。

このほか2016年4月から、一人ひとりが自らの可能性を広げる「社外チャレンジワーク(複業)」、「社内ダブルジョブ(兼務)」を実践している。「社外チャレンジワーク(複業)」は会社の枠を超えた働き方を通じて、社内では得難い経験を重ね、自身の成長につなげることで本業への還元などを期待したもの。一方、「社内ダブルジョブ(兼務)」は、自ら手を挙げ、就業時間の中で部門の枠を超えて、他部署でも働くことで、社員一人ひとりの新たな可能性を引き出すことを目的としている。なお、社外チャレンジワーク(複業)」については、これまでに実践したことのある社員数は144人(23年3月時点、申告者延べ人数) に達しており、「定期的に実践している」(23年3月時点)社員数も49人になっていると報告した。

杉本社長はこの日公開した「新・働き方宣言」で、「一人ひとりが自身のウェルビーイングを向上するための働き方を実現するためには、時間などの限りあるリソースへの向き合い方はじめ、従来のやり方・考え方から脱却する必要がある」と強調。今後も「本質的な働き方の改革」に全社一体となって取り組んでいく考えを示した。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー