協和キリン、塩野義、化薬 「褐色細胞腫」の3剤併用療法で公知申請

公開日時 2012/11/26 04:00
  • Twitter
  • 印刷

協和発酵キリン、塩野義製薬、日本化薬は11月21日、各社が販売する抗がん剤の3剤併用投与による褐色細胞腫の追加適応について、各社が同日付で公知申請したと発表した。褐色細胞腫の治療では、海外で、ダガルバジン(一般名、製品名「ダカルバジン注」、協和発酵キリン)、シクロホスファミド水和物(「注射用エンドキサン」、塩野義)、ビンクリスチン硫酸塩(「オンコビン注」、日本化薬)を併用するCVD療法が選択肢のひとつとなっている。しかし、日本国内ではCVD療法での褐色細胞腫治療は保険適用が認められておらず、関係学会などから追加適応の要望がなされていた。

褐色細胞腫は副腎髄質にできた腫瘍により、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドパミンが過剰生産され、二次性高血圧をきたす疾患。推計患者数は約3000人で、このうち悪性患者数は320人と報告されている。
 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2017年版

治療の価値最大化を目指す新薬上位に

 

 

10/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/