米ヤンセン リスペリドンの不正表示、違法マーケティングで和解金支払いへ

公開日時 2013/11/07 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米ジョンソン・エンド・ジョンソングループ(J&J)の子会社ヤンセン・ファーマシューティカルズInc(JPI、本社:ニュージャージー州ティツスビル)は、抗精神病薬Risperdal(一般名:リスぺリドン)の不正表示および違法マーケティングに関する刑事罰で4億ドル、ならびに民事訴訟における和解金12億5000万ドルを支払うことに合意した。この合意は、ペンシルバニア東地区連邦地裁の監督下。米食品医薬品局(FDA)と米司法省(DOJ)が11月4日明らかにした。FDAは同剤を2002年に統合失症、2003年に急性躁病および双極性障害1に伴う混合エピソードの適応で承認した。しかし、ヤンセンは2002年3月に高齢者における認知症に伴う興奮症状の治療薬として、未承認であるものの安全かつ有効と説明して...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/