PhRMA会員企業 希少疾病薬566剤を開発中

公開日時 2016/05/12 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米国研究製薬工業協会(PhRMA)の会員企業は、現在、新規の筋萎縮性側索硬化症(ALS)や多発性骨髄腫(MM)など希少疾病に対する治療薬合計566剤を臨床試験実施中(申請中含む)であることが分かった。PhRMAと米国ALS協会(TheALSAssociation)が共同でまとめた報告書「開発中の希少疾病治療薬」(MedicinesinDevelopmentforRareDiseases)で明らかになった。PhRMAが5月9日発表した。希少疾病を対象とした開発中薬剤の内訳は、稀な血液がん治療薬151剤、嚢胞性線維症、脊髄性筋萎縮症など遺伝性疾患治療薬148剤、ALS、てんかんなど神経疾患治療薬38剤、稀な細菌感染および肝炎など感染症治療薬31剤、全身性硬化症や若年性関節症など自己免疫疾患治療薬...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

サイエンスベースの安全対策

RWDの利活用で生産性向上を実現

 

 

11/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/