ノバルティス マラリア治療薬リアメット配合錠を発売

公開日時 2017/03/08 03:50
  • Twitter
  • 印刷

ノバルティスファーマは3月7日、マラリア治療薬リアメット配合錠(一般名:アルテメテル/ルメファントリン)を発売したと発表した。

同剤は、これまで熱帯病治療薬研究班に所属する医療機関にて使用されてきたが、同研究班から厚労省に開発要望があり、同省の「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」を経て開発要請された。

同剤は、アルテミシニン誘導体と作用機序の異なる他剤を組み合わせた併用療法(ACT)の配合剤。WHOのマラリア治療ガイドラインでは、ACTが推奨されている。海外では米国や英国を含む60以上の国・地域で承認されている。薬価は1錠242.30円。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/