アトル 熊本地震で被災した営業・物流拠点を建て替え、竣工

公開日時 2017/03/09 03:50
  • Twitter
  • 印刷

メディパルホールディングスは3月7日、子会社で九州を事業エリアとするアトルが2016年4月に発生した熊本地震で被災した営業・物流拠点を建て替え、同日に竣工したと発表した。災害時にも継続的に医薬品などを供給できるよう自家発電装置(36時間以上)、免震設備、貯水槽(3日分)などを備えた。

竣工したのは「熊本FLC(Front Logistics Center)」。福岡にある中核的な物流センター「ALC」に対しFLCは、ALCから離れた医療施設などにもALCと連携して同質の流通サービスを提供するのがコンセプト。熊本地震でアトルは、営業拠点や物流センターが被災し、特に営業・物流拠点となっていた「熊本ビル」は損壊で使用できない状況となった。そのため敷地内にプレハブの仮設建屋を設置して、医薬品等の供給を継続してきた。今回、この熊本ビルが「熊本FLC」に生まれ変わった。

鉄骨造、地上2階建。敷地面積 9900m2、建築面積1713m2、延床面積3279m2。所在地は、熊本県南区流通団地1-10-2。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/