東邦HD 新社長に加藤常務取締役が昇格 現社長の濱田氏は会長兼CEO 5月1日付

公開日時 2017/03/15 03:50
  • Twitter
  • 印刷

東邦ホールディングス(HD)は3月14日、新たな社長兼COO(最高執行責任者)に加藤勝哉常務取締役が昇格する人事を発表した。取締役社長として業務執行の最高責任者という位置づけ。現・代表取締役社長の濱田矩男氏は代表取締役会長兼CEO(最高経営責任者)に、現代表取締役会長の河野博行氏は代表取締役副会長にそれぞれ異動し、両氏が代表権を持つ形は現行通り。

5月1日付で実施する。異動理由について同社は「さらなる企業価値の向上を目指し、経営体制の一層の強化・充実を図るもの」とだけ説明している。

加藤氏は、1955年7月生まれ61歳。78年3月獨協大学経済学部卒業。91年2月に東邦薬品に入社し、01年6月に取締役就任。09年7月に東邦HD執行役員コーポレートコミュニケーション室長、15年6月から同常務取締役経営企画本部本部長を務めている。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/