第一三共株 東証での売買一時停止 AZが買収提案との報道で

公開日時 2017/09/01 03:51
  • Twitter
  • 印刷

第一三共が英アストラゼネカ(AZ)から買収提案を受けていたとの一部報道を受け、8月31日14時過ぎから、東証での第一三共株の売買が一時停止となった。

買収提案の真偽について、第一三共は同日夜に、「当社が過去に英国アストラゼネカ社から買収提案を受けた旨の報道が日経ビジネスからあったが、そのような事実は一切ない」と発表した。AZ日本法人の広報部は本誌取材に、「市場の推測に対するコメントは一切控えている」と述べた。

日経ビジネスはこの日、第一三共が昨年、AZから買収提案を受け、それに応じなかったものの、買収の可能性はなお残ると報道した。

東証は14時17分から、「経営統合に関する報道の真偽等の確認のため」との理由で、第一三共株の売買を停止した。停止期間は16時まで。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

9月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

 

 

9/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/