アステラス・アムジェン 抗PCSK9抗体製剤レパーサの420mgの承認取得

公開日時 2017/09/07 03:50
  • Twitter
  • 印刷

アステラス・アムジェン・バイオファーマはこのほど、高コレステロール血症に用いる抗PCSK9モノクローナル抗体製剤「レパーサ皮下注420mgオートミニドーザー」(一般名:エボロクマブ(遺伝子組換え))の承認を取得したと発表した。

これまでレパーサは140mgのシリンジ、ペン製剤だったが、今回承認を取得した製剤は薬剤を充填したカートリッジと専用自動注入器からなる。患者の状態によって1回420mgを投与する必要がある場合、140mg製剤だと3本の投与が必要になるが、新製剤では1回で済む。

同剤は通常4週間に1回皮下投与で、家族性高コレステロール血症ホモ接合体患者において効果不十分な場合は、2週間に1回の皮下投与も可能。8月30日に発売元のアステラス製薬と共に発表した。薬価収載後の発売となる。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

サイエンスベースの安全対策

RWDの利活用で生産性向上を実現

 

 

11/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/