高リン血症薬 新薬リオナが伸長 シェア26%に

公開日時 2017/10/31 00:00
  • Twitter
  • 印刷
ベース薬は炭酸Caリオナやピートルは6割が併用使用国内の慢性腎臓病(CKD)患者数は成人で約1330万人、透析患者数は約33万人とされる。腎機能が低下すると、リンの排泄ができなくなり、徐々に体内に溜まって高リン血症となる。高リン状態が続くと骨が脆くなるほか、リンとカルシウム(以下、Ca)が結合して骨以外の組織で石灰化を起こし、動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳卒中といった深刻な事態につながる。薬物療法では従来から広くリン吸着薬の沈降炭酸カルシウム(以下:炭酸Ca、先発品名:カルタン)が使われているが、近年は新しいクラスの薬剤が複数登場し、新旧薬の世代交代も気になるところ。そこで今回は、調剤レセプトから実際の処方動向を把握・分析する医療情報総合研究所(通称JMIRI)のデータを用いて、高リン血...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

この記事の関連キーワード

CKD

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

サイエンスベースの安全対策

RWDの利活用で生産性向上を実現

 

 

11/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/