大日本住友 パーキンソン病治療薬トレリーフOD錠50mg 18日に新発売

公開日時 2017/12/15 03:50
  • Twitter
  • 印刷

大日本住友製薬は12月18日に、パーキンソン病治療薬トレリーフOD錠50mg(一般名:ゾニサミド)を新発売する。薬価は1673.90円。現在は25mgの通常錠とOD錠をラインナップしている。

トレリーフはレボドパ含有製剤と併用するが、パーキンソン病における症状の日内変動(wearing-off現象)の改善には1日1回50mgを経口投与で用いる。このため同社は、OD錠50mgの発売により、▽1日1回1錠投与となり服薬錠数が減ることで服薬アドヒアランスの向上につながる▽OD錠であることから嚥下障害を伴うことが多いパーキンソン病患者にとって通常の錠剤よりも服薬の利便性向上が期待される――としている。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

1月号特集
(Promotion)

MR生産性向上プロジェクト始動!

人財・組織再構築 企業改革への一歩

 

 

1/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/