EMA ルカパリブなど2剤承認勧告

公開日時 2018/03/27 03:50
  • Twitter
  • 印刷
欧州医薬品庁(EMA)は3月19~22日、ヒト医薬品委員会(CHMP)を開催し、ClovisOncologyUK社の卵巣がん治療薬Rubraca(ルカパリブ)など新医薬品2品目について承認勧告を行った。今回承認勧告の対象となったのは、以下の2品目である。製品名(一般名)、申請企業、適応症、摘要の順。▽Rubraca200mg、250mg、300mgフィルムコート錠(ルカパリブ)、ClovisOncologyUK社、成人におけるプラチナ製剤感受性を持つ、再発もしくは進行性BRCA変異陽性の高悪性度上皮性卵巣がん、もしくは卵管がん、原発性腹膜がんに対する単剤療法、PARP(ポリ(ADPリボース)ポリメラーゼ)阻害剤、2012年10月10日にEMAから希少疾病薬の指定を受けた▽Julucaフィルム...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

5月号特集
(Promotion)

動き出した製薬ビジネスの産業構造転換

開発、営業、流通 全ステージに変革求める

 

 

5/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/