佐藤製薬 経口の爪白癬治療薬ネイリンを7月27日発売 エーザイとコ・プロ

公開日時 2018/07/12 03:50
  • Twitter
  • 印刷

佐藤製薬は7月11日、抗真菌薬ネイリンカプセル100mg(一般名:ホスラブコナゾール L-リシンエタノール付加物)を27日に発売すると発表した。エーザイとコ・プロする。

同剤の成分はプロドラッグで、ヒトに投与するとラブコナゾールに変換され、真菌細胞の膜成分であるエルゴステロール生合成を阻害し、効果を発揮する。1日1回1カプセルを12週間投与する。佐藤製薬によると、同剤はエーザイが創製したうえ比較的病院市場に強いということで、コ・プロすることになったとしている。

薬価は1カプセル804.60円。薬価算定にあたり、重篤な肝障害や血液障害、薬物相互作用等により爪白癬の全身療法の既存薬(テルビナフィン、イトラコナゾール)が使用できない患者に対して使用可能であり、爪白癬に対する新たな治療選択肢を提供するものであり、臨床的意義があるとして「有用性加算2」が認められた。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

9月号特集
(Promotion)

破壊的イノベーションが製薬企業を変える!

エコシステム構築でヘルスケア産業の足場を

 

 

9/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/