中医協総会 「Hot AXIOSシステム」など保険適用了承

公開日時 2018/07/19 03:50
  • Twitter
  • 印刷

中医協総会は7月18日、胃壁又は腸壁に密着している症候性膵仮性嚢胞などに対し、経胃又は経十二指腸的な内視鏡治療に使用する「Hot AXIOSシステム」(ボストン・サイエンティフィック ジャパン)の保険適用を了承した。18年9月に収載予定。

製品の償還価格は以下のとおり。
▽Hot AXIOSシステム(ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社)
主な使用目的:「胃壁又は腸壁に密着している、➀症候性膵仮性嚢胞又は②70%以上の液体成分を認める症候性被包化壊死に対し、経胃又は経十二指腸的な内視鏡治療」
価格:49万3000円(原価計算方式で算定、C2(新機能・新技術))
市場予測(ピーク時10年後):使用患者数1,449人、販売金額:7.1億円


留意事項として、日本消化器内視鏡学会と日本消化器病学会、それに日本膵臓学会が定める指針に沿って使用した場合に限り算定することを求めた。

このほか臨床検査として、BRAF遺伝子検査に使用する「MEBGEN RASKET-Bキット」(株式会社医学生物学研究所)の保険適用も了承された。
 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/