EMAの特別作業班 Brexitの影響踏まえ医薬品不足回避対策など提言

公開日時 2018/09/13 03:50
  • Twitter
  • 印刷
欧州医薬品庁(EMA)および欧州医薬品担当庁幹部会議(HMA)は、2019年9月末のBrexit(英国のEU離脱)による影響を含め、今後起きる可能性のある、EU内での医薬品審査・承認や流通面での障害や停滞を回避するためにこのほどタスクフォース(TF:特別作業班)を設置し、TFがその対応策を提言した。EMAが8月29日に発表した。TFは、BrexitなどEUの医薬品行政に多大な影響を与える可能性のある行政機関の大規模再編や改組などに対して、EU各国市民医薬品の入手が妨害されるような事態の見極め、その防止、管理および各国間のコミュニケーションの調整・円滑化などの対策を講じることを目的に設置された。今回提言した対策は以下の通り。▽現行の規制上の枠組みを活用して、医薬品承認と上市の迅速化により供給の...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/