LAMA/LABAのCOPD薬 スピオルト躍進、シェア15%に

公開日時 2018/10/31 00:00
  • Twitter
  • 印刷
併用薬トップ10にPPIが2剤胃食道逆流症との関連か吸入ステロイド薬(ICS)、長時間作用性β2刺激薬(LABA)、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)や、そのうちの2剤を配合した吸入剤の上市は一段落したが、2018年はガイドラインの改訂が相次いだ。4月に日本呼吸器学会のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)ガイドライン、6月に日本アレルギー学会の喘息ガイドラインが改訂され、COPDではLAMAが第1選択とされ、喘息ではLAMAが治療ステップ2(軽症持続型相当)から使用できるようになった。そこで今回は、喘息/COPD配合吸入剤の最近の動きを、いつも通り、調剤レセプトから実際の処方動向を把握・分析する医療情報総合研究所(JMIRI、読み:ジェイミリ)のデータをもとに検証する。まず、喘息やCOPDに使われる...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

働き方改革が製薬企業の未来を創る

ヘルスケア産業への試金石 モノからコトへ

 

 

11/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/