久光と協和キリン 疼痛薬フェントステープの0.5mg製剤、12月17日発売 用量選択しやすく

公開日時 2018/12/17 03:50
  • Twitter
  • 印刷

久光製薬と協和発酵キリンはそれぞれ、経皮吸収型疼痛治療薬フェントステープ(一般名:フェンタニルクエン酸塩)の0.5mg製剤を1217日に発売すると発表した。がん疼痛や慢性疼痛での低用量の他のオピオイド鎮痛薬からの切り替え時の用量選択や、用量増減時の細かな用量調整を可能にする。

同剤の1mg 2mg4mg、6mg、8mgの既存規格に追加するもの。大きさは5cm21.59cm×3.16cm)。1日ごとに貼りかえる。薬価は1枚303.80円。同剤は久光製薬が製造販売承認を取得し、協和発酵キリンと共同販売している。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/