アルフレッサ 医薬営業本部を廃止、5エリアに営業本部新設へ エリア営業強化で

公開日時 2019/02/28 03:52
  • Twitter
  • 印刷
アルフレッサホールディングス(HD)は2月27日、子会社のアルフレッサの医薬営業本部を廃止し、5エリアに営業本部を新設すると発表した。各エリアの営業本部に一定の権限を持たせて、よりエリアに合った営業・マーケティングの強化、迅速な展開を目指す。4月1日に実施する。
 
新設するのは「北関東・甲信越営業本部」「東京営業本部」「首都圏営業本部」「東海営業本部」「関西営業本部」。「医薬品営業統括本部」を新設し、各エリアの営業本部を束ね、各営業本部の下に営業部、支店を配置する形になる。営業部、支店も大幅に再編する。
 
アルフレッサHDの久保泰三社長は、19年度からの次期中期経営計画ではエリア営業を一層強化する考えを示しており、この戦略を見据えた組織改革といえる。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(9)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/