記事一覧名

推奨記事一覧

中医協総会 費用対効果評価制度改革を了承 PhRMAとEFPIAは運用時の判断で「不明な点」を指摘 (22/01/20)
中医協総会 特例拡大再算定にタケキャブなど4成分6品目該当 市場拡大再算定はビクトーザ皮下注など (22/01/20)
22年度診療報酬改定を諮問 急性期入院は重症度、医療・看護必要度の評価見直し リフィル処方箋も明記 (22/01/17)
22年度薬価制度改革の「調整幅」維持を大臣折衝で確認 毎年薬価改定睨み当事者の思惑交錯 (21/12/23)
中医協総会 22年薬価制度改革の骨子を了承 新薬創出等加算の対象拡大でイノベーション評価 (21/12/23)
22年度診療報酬改定 本体改定率プラス0.43%、実質本体はプラス0.23%で最終調整 リフィル処方導入へ (21/12/20)
22年度診療報酬改定 改定率はプラス0.43%で最終調整 (21/12/19)
自民党・厚労部会合同会議 次期診療報酬改定「大幅なプラス改定」を決議 党内手続き経て総務会報告へ (21/12/17)
日医・中川会長 22年度診療報酬改定「プラス改定でなければ医療が壊れる」 与党議員の動きに手応えも (21/12/16)
中医協総会 不妊治療の保険適用を大筋了承 ガイドラインで推奨度「A」「B」が対象に (21/12/16)
22年度診療報酬改定 「改定率」前回水準めぐる攻防に発展 次期改定めぐり予算委員会で政府の見解質す (21/12/14)
22年度診療報酬改定 「改定率」めぐり与党の動き活発化 実質本体のマイナス幅押し戻しも (21/12/13)
中医協総会 バイオシミラー使用促進でバイオ後続品導入初期加算 診療・支払各側が対象拡充求める (21/12/13)
NPhA・首藤会長 敷地内薬局めぐる中医協での議論「率直なところ理解に苦しむ」 薬局機能に基づく評価を (21/12/10)
22年度診療報酬改定 財務は実質マイナス姿勢崩さず 看護職員処遇改善と不妊治療で0.5%相当分の財源確保 (21/12/09)
湿布薬の処方枚数制限「35枚まで」との声も 診療側で意見割れる 診療側・有澤委員「適正化も一つの方策」 (21/12/09)
中医協総会 分割調剤で「一定期間内の処方箋の反復利用」に前進 医師と薬剤師の連携で (21/12/09)
中医協総会 後発品体制加算で支払側・安藤委員「段階的に廃止すべき時期に来ているのではないか」 (21/12/09)
中医協で製薬業界が意見陳述 再算定の類似品除外は「5年間の猶予を」 調整幅は「引き下げる状況にない」 (21/12/06)
22年度診療報酬改定 診療側・城守委員「プラス改定しかあり得ない」 支払側は水準の戻りを指摘 (21/12/06)
12345678910...
バナー

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告