記事一覧名

推奨記事一覧

厚労省・安藤課長 後発品供給不安の背景に赤字品目多数のビジネスモデルが 流通・薬価検討会で議論へ (22/08/08)
厚労省・安藤課長 市場実勢価ベースに「過度な薬価差、薬価差偏在は是正」 今夏に有識者検討会立ち上げ (22/07/19)
厚労省・課長級以上人事 保険局医療課長に眞鍋氏 薬剤管理官に安川氏 医薬局総務課長に衣笠氏 (22/06/22)
後藤厚労相 医薬品の流通制度・薬価制度で有識者検討会設置へ 省内の体制刷新 医薬品産業振興に本腰 (22/06/15)
城元経済課長(現AMED理事)が語る22年の焦点 いまこそ製薬業界の姿勢が問われている~薬価制度改革 (22/05/23)
厚労省・紀平薬剤管理官 「薬剤費の動向、卸や企業の状況も考慮して検討する」 薬価制度改革へのスタンス (22/04/18)
新型コロナ治療薬・ゼビュディ 一時的に供給に影響の恐れ 他剤の処方検討も 厚労省が事務連絡 (22/02/16)
塩崎元厚労相 プログラム医療機器活用で“患者起点”の医療実現を 実用化の迅速化に向け議論・SaMDフォーラム (22/02/07)
薬食審・医薬品第二部会 キイトルーダへの「TMB-Highの進行・再発の固形がん」など3製品の効能追加を了承 (22/02/07)
薬食審・医薬品第二部会 ファイザーの経口新型コロナ治療薬パキロビッドパックを審議  2月10日に (22/02/03)
厚労省経済課が医療団体に通知 出荷調整解除品 処方見込みや在庫量把握「必要最低限の発注」を (22/01/28)
城元経済課長(現AMED理事)が語る22年の焦点(上)「毎年薬価改定」 日本の薬価制度はプロセスを踏んでいる (22/01/12)
地域医療の再構築に必要な“カバーしあう”精神と既存の仕組みや固定観念に縛られない実行力 (22/01/01)
厚労省 「医薬産業振興・医療情報審議官」を22年夏新設 経済課は医薬産業振興・医療情報企画課に名称変更 (21/12/27)
流改懇 メーカーの仕切価率0.3ポイント上昇 流通当事者から仕切価の適正水準を求める声相次ぐ (21/12/23)
厚労省 偏在解消へ供給量前年比5%超製品の年内出荷調整解除を要請 医療機関は「必要最低限発注を」 (21/12/13)
【緊急インタビュー】厚労省・林前経済課長 INES案は製薬業界に非常に悪い影響を及ぼしかねない マクロ経済スライド導入に警鐘 (21/11/22)
厚労省 緊急時の薬事承認制度で検討開始 有効性は「推定」の段階で使用も市販後に確認求める (21/11/19)
厚労省・佐藤監麻課長 相次ぐ行政処分「法令遵守体制の構築を」 健全な産業を作ることが目的 (21/11/09)
中医協で卸連 薬価制度、未妥結減算見直しへ「薬価調査の透明性」求める  (21/11/08)
12345678910...
バナー

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告