【MixOnline】記事一覧2

経営/製品

第一三共エスファ 代表取締役社長 義若 博人 氏

第一三共エスファ 代表取締役社長 義若 博人 氏

2018/11/30
「我々の営業のゴールは、医療機関・保険薬局の採用口座の獲得で、それが営業の根幹だ」-。第一三共エスファの義若博人代表取締役社長はこう語る。
塩野義製薬株式会社 上席執行役員医薬事業本部長 畑中 一浩 氏

塩野義製薬株式会社 上席執行役員医薬事業本部長 畑中 一浩 氏

2018/11/30
塩野義製薬の国内医療用医薬品事業は、大きな変わり目にある。戦略主力品が生活習慣病薬からスペシャリティ薬へと変化することに加え、地域完結型医療に動く地域医療、ITの進化など外部環境の変化から、手代木功社長は、MRの役割を含め従来型の営業は通用しなくなることは必然だと強調する。
武田薬品工業 日本オンコロジー事業部長 三好 集 氏

武田薬品工業 日本オンコロジー事業部長 三好 集 氏

2018/11/30
「患者さんをいかに救えたかをメジャメントすることがMRにとって大切だと思う。だからこそ、社内的にはMRを営業と呼ばない」――。こう語るのは武田薬品・日本オンコロジー事業部長の三好集氏だ。
武田薬品工業 ジェネラルメディスンビジネスユニットヘッド 大中 康博 氏 ジェネラルメディスンビジネスユニット営業本部長 竹本 覚 氏

武田薬品工業 ジェネラルメディスンビジネスユニットヘッド 大中 康博 氏 ジェネラルメディスンビジネスユニット営業本部長 竹本 覚 氏

2018/09/30
武田薬品は今年4月から営業体制を見直し、2次医療圏単位でMRが地域医療を支援できる組織に改めた。営業所長には「経営者的視点」を求める。
シースリー株式会社 代表取締役社長 ジェフリー B. シュナック 氏

シースリー株式会社 代表取締役社長 ジェフリー B. シュナック 氏

2018/09/30
「地域が抱える医療課題を抽出し、さまざまなプレイヤーの架け橋となり、変革をもたらす活動を実行する」――。シミックホールディングスとスリーロックが今年4月に設立した合弁会社シースリーの目指すべきビジョンを示したものだ。
アムジェン社ヴァイス・プレジデント アステラス・アムジェン・バイオファーマ 代表取締役社長 スティーブ・スギノ 氏

アムジェン社ヴァイス・プレジデント アステラス・アムジェン・バイオファーマ 代表取締役社長 スティーブ・スギノ 氏

2018/09/30
2020年、アステラス・アムジェン・バイオファーマの株式を100%取得し、“アムジェン・ジャパン”として新たな船出を切る。
日本製薬工業協会 会長 (第一三共株式会社 代表取締役会長 兼 CEO) 中山 讓治 氏

日本製薬工業協会 会長 (第一三共株式会社 代表取締役会長 兼 CEO) 中山 讓治 氏

2018/09/30
「医薬品産業は、ライフサイエンス分野の“水先案内人”の役割を目指すべき」――。日本製薬工業協会の中山讓治会長はこう語る。
テバファーマスーティカル・インダストリーズ・リミテッド 社長兼CEO コーレ・シュルツ 氏

テバファーマスーティカル・インダストリーズ・リミテッド 社長兼CEO コーレ・シュルツ 氏

2018/08/31
後発医薬品の世界最大手、呼吸器や中枢神経領域では新薬開発も。日本市場の事業方針は?17年9月、社長兼CEOに就任したシュルツ氏に聞いた。
田辺三菱製薬株式会社 執行役員営業本部長 川上 泰利 氏

田辺三菱製薬株式会社 執行役員営業本部長 川上 泰利 氏

2018/07/31
国内市場が縮小に向かい、事業環境が大きな変化を迎える中、製薬各社は苦戦を強いられている。田辺三菱製薬は、2007年の合併・発足以来初めて、18年度の国内医療用医薬品売上が3000億円を下回る見通しだ。
Me ファルマ 代表取締役社長 吉田 優 氏

Me ファルマ 代表取締役社長 吉田 優 氏

2018/07/31
「コスト競争力と品質には自信がある。時代の流れに沿って、薬価が引き下げられても安定供給ができるというバリューを提供したい」|。Meファルマの吉田優代表取締役社長はこう語る。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー