【MixOnline】記事一覧2
オバマ政権のもうひとつの医療改革:IT技術で医療の効率化・質の向上・コスト削減

オバマ政権のもうひとつの医療改革:IT技術で医療の効率化・質の向上・コスト削減

2010/11/29
ほぼ予想通りとはいえ、中間選挙は共和党の圧勝。特に共和党が下院で圧倒的多数を占めたことはオバマ政権にとって大きな打撃である。とくに民主党の単独強行採決で推進してきた医療改革は先行きが危ぶまれ、目が離せない。
中間選挙は共和党優勢:どうなる医療改革法?

中間選挙は共和党優勢:どうなる医療改革法?

2010/10/28
医療改革法の成立でオバマ大統領と民主党が勝利宣言をした3月から6カ月。この9月には法案の一部が予定通り施行され始めた。2014年の全面施行に向けての準備も着々と進められている。
中間選挙を前に医療改革法が一部試行開始

中間選挙を前に医療改革法が一部試行開始

2010/09/29
9月から一部施行の医療改革法は2014年までには全面実施の見通し。だが、実際にどこまで実施できるかはいまだ予断を許さない。11月の中間選挙がまずは最初の試金石。議会のパワー・バランスが変われば予算執行が難しくなることは明らかだ。
医療政策に多大な影響力を持つ患者組織

医療政策に多大な影響力を持つ患者組織

2010/08/30
米国では患者組織の影響力が大きい。米国社会において、患者組織の存在は消費者団体の一つと言って良いだろう。患者は医療というサービスを享受する医療産業の消費者であり、自分の身は自分で守らずしてどうする、という自衛意識と自立心が強い米国人にとって、患者擁護活動(アドボカシー)は当然のことである。
アメリカの医療保険:何が問題か

アメリカの医療保険:何が問題か

2010/07/29
施行準備の進む米国の医療改革法。法案のわかりにくさは、実は、改革の前提となっているアメリカの医療保険制度のわかりにくさに起因している。現行制度が幾多の問題を抱えていることは誰もが認めているのに、なぜ米国は抜本的な改革ができないのか?なぜ民主党は共和党と超党派の協力体制が築けないのか?
ニーズに追い付かない高齢者向け専門医療

ニーズに追い付かない高齢者向け専門医療

2010/07/29
米国も深刻な高齢化社会に直面しつつある。ベビーブーマー世代が2011年から続々と高齢者の仲間入りをして行き、2030年には65歳以上の人口が現在の2倍である、7千2百万人以上に達すると推測される。全人口に占める割合では、20%に達するようになる。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー