【MixOnline】記事一覧2
オープンガバメント・データ国際会議 続編

オープンガバメント・データ国際会議 続編

2012/08/30
オープンガバメント・オープンデータに参画している国々は積極的且つ急ピッチに行政データの開示を推進している。では、これらのデータの利活用は、どのような構想の下に、どのような方法で推進されているのだろうか?
オープンガバメント・データ国際会議

オープンガバメント・データ国際会議

2012/07/30
7月10~12日の日程で米国ワシントンDCの世界銀行本部を会場にオープンガバメント・データ国際会議(International Open Government Data comference)が開催された。2010年の第1回国際会議に続く第2回目の今年はホワイトハウスと世界銀行の共催であった。この会議とその周辺について、今月と来月の2度にわたり報告する。
アメリカの医療過誤

アメリカの医療過誤

2012/05/30
アメリカでは医師はリスキーな職業だ。毎年7.4%の医師が訴えられ、65歳までに75%の医師が(外科医では100%が)一度は訴訟を経験すると言われている。
医療とIT:最近の話題

医療とIT:最近の話題

2012/03/29
医療情報の100%電子化をめざすと宣言したオバマ政権。先行きの読めない大統領選挙前の喧噪をよそに、改革法完全実施の2014年をめざし、医療情報のEHR(Electronic Health Record)化が着々と進行している。
解決しない医薬品不足

解決しない医薬品不足

2012/02/28
アメリカでは医薬品不足が深刻な問題となっている。救急医療や癌治療に必要な医薬品までが大幅に不足し、解決のめどが立たないまま数年が経過しており、在庫切れ、市場のニーズに満たない品薄の医薬品のリストは年々長くなるばかりだ。
“The New England Journal of Medicine”誌の200年

“The New England Journal of Medicine”誌の200年

2012/01/30
“The New England Journal of Medicine”誌 が創刊200年を迎えた。
あらためて考える アメリカの医療費とその未来  その2

あらためて考える アメリカの医療費とその未来 その2

2011/12/27
アメリカの医療改革の焦眉の課題は高騰を続ける医療費の伸び率を抑制することだ。目標は全体医療費の1%程度を毎年継続的に削減することだが、実現は容易ではない。その“わずか1%”の目標額が、実は26ビリオンドルだからである。
あらためて考える アメリカの医療費とその未来  その1

あらためて考える アメリカの医療費とその未来 その1

2011/11/29
アメリカの医療費は高い。しかも過去30年間とどまるところを知らぬかに高騰を続けている。伸び率を抑制できなければ国家財政が破綻しかねないと、誰もが耳にタコができるくらい繰り返し聞かされている。
オバマ政権の医療IT政策

オバマ政権の医療IT政策

2011/10/30
史上はじめて、スマートフォン(ブラックベリー)片手に大統領選を勝ち抜いてホワイトハウス入りを果たしたと言われたオバマ大統領。ITリテラシーが高く、若手を積極的に起用して最新の情報技術をさりげなく使いこなしていると言われているオバマ政権だが、その医療IT政策は?
妊娠と出産のエンジニアリング

妊娠と出産のエンジニアリング

2011/09/29
いつの間にかだれも「子どもを授かる」とは言わなくなった。20世紀の科学技術は「子どもを作らない」ことを可能にし、そのため逆説的に“子どもは意図的に作るもの”と考えられるようになった。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー