【MixOnline】記事一覧2
シニアにお奨め!デジタルヘルス

シニアにお奨め!デジタルヘルス

2015/05/31
ここまできている米国のデジタルヘルス。今月は、「健康維持はハイテクで!」と、米国の高齢者団体が紹介した、シニア向けのデジタルヘルス機器・サービスを専門家のコメントとともにご紹介する。
消費者の選択

消費者の選択

2015/04/30
オバマケアは、米国の医療保険業界の伝統的なビジネスモデルを覆し、史上初めて、 消費者が自身で保険プランを選択し、直接に 購入する、いわゆるB2Cのビジネスモデルを確立。これによって医療保険業界に構造改革をおこした。
施行2年目のオバマケア

施行2年目のオバマケア

2015/03/31
施行2年目のオバマケア。2015年のオンライン医療保険登録は、 2月15日に正規登録期間を終了。さらにいわゆる駆け込み登録期間と言われる特別登録期間(4月15日まで)をのこしつつ、すでに初年度を上回る登録者数を記録した。
注目の女性アントレプレナー

注目の女性アントレプレナー

2015/02/28
2014年、オバマケア本格始動を見届けた米国のヘルスケア業界は、オバマケア後をにらんだ業界再編に向けて大きく動き出した。バイオテック、ヘルスケアIT等への投資は前年度に引き続いて大きく伸び、高齢者の長期介護を含めたヘルスケア分野のM&Aは件数(1256)・金額(総額約$386B)とも今世紀最高を記録した。
コンシューマー・ドリブン・ヘルスケア

コンシューマー・ドリブン・ヘルスケア

2015/01/31
急ピッチで構造改革・業界再編が進む米国の医療業界。最新のキーワードの1つはコンシューマーだ。 消費者の意見や行動が医療・ヘルスケア業界のイノベーションの方向を決めるコンシューマー・ドリブン・ヘルスケアの時代がやってきた。
構造改革進む、アメリカの医療の2015年

構造改革進む、アメリカの医療の2015年

2014/12/27
大統領の強力なリーダーシップと医療IT技術の高活用で急ピッチに推進されてきた米国の医療行政改革は、全面施行2年目を迎え、 民間医療業界を大きく巻き込んで、医療制度の構造改革へと展開する勢いだ。
オバマケアの行方:2015年度 Exchange登録開始

オバマケアの行方:2015年度 Exchange登録開始

2014/11/30
感謝祭の休暇を前にオバマケアの2015年度オンライン登録が全米一斉に始まった。 先の中間選挙で共和党に大敗を喫したオバマ政権。 上下両院ともに安定多数の議席を確保した共和党が、かねて廃案も辞さないと主張してきたオバマケアにどのように対応するか?登録者数の推移に全米が注目している。
21世紀の慢性病

21世紀の慢性病

2014/11/01
WHOの定義では、慢性疾患とは人から人に感染しない疾患で(noncommunicable disease : NCD)、一般に経過が長く、ゆっくりと進行するもの。代表的な4疾患には、循環器系疾患(いわゆる心筋梗塞や脳卒中など)、癌、慢性呼吸器障害(たとえばCOPDや喘息など)、および糖尿病がある。
医療ビッグデータの時代

医療ビッグデータの時代

2014/09/30
米国連邦政府が大型公共データをオンライン上に初めて公開したのは2009年5月。連邦政府初のCIO(Chief Information Officer)Vevek Kundraによってであった。初年度に公開されたデータセットはわずか47組であったが、その後、NASA出身のウェブのプロJeanne Holmを迎えて急成長を遂げ、現在では10万有余組のデータセットが利用可能となっている。
“HIX”の時代

“HIX”の時代

2014/08/30
連邦政府が主導した新しい医療保険制度により小零細企業や個人がオンラインで医療保険を買えるようになり、ようやく国民皆保険への第一歩を踏み出したかと考えられている米国。施行初年度の今2014年802万人がこのサイトで医療保険を購入・登録し、同じサイトからアプライできるようになったメディケイドは一挙に480万人を新たに受給有資格者と認定して保障範囲を大幅に拡大した。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー