【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

日本BI 直接トロンビン阻害薬プラザキサ 医療経済分析で「費用対効果に優れる」

公開日時 2011/04/27 04:00

日本ベーリンガーインゲルハイムは4月26日、直接トロンビン阻害薬プラザキサ(一般名:ダビガトラン エテキシラート)が費用対効果に優れるとの医療経済分析結果を発表した。

生存年数を生活の質(QOL)で評価する「QALY」(数値が高いほど良い)と、1QALY高めるための追加費用を示す「ICER」という世界標準の医療経済評価手法を用いたところ、プラザキサ300mg療法のICERは84万円/QALY、同剤220mg療法では145万円/QALY――となった。費用対効果が優れると判断されるICERの上限値は500万円/QALYとされており、今回これを大きく下回ったことから、「プラザキサは費用対効果に優れる」と結論付けている。

また、既存のワルファリン療法に対して、プラザキサが脳卒中をどの程度発症抑制できるかとのシミュレーション結果も発表。10年間でプラザキサ300mg/日で約8万2000件、220mg/日で約5万9000件の脳卒中の発症を減少させられると推計した。

 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー