【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

大塚製薬の体外診WT1mRNA測定キット 骨髄異形成症候群で保険適用

公開日時 2011/08/09 04:01

大塚製薬は8月8日、現在急性骨髄性白血病の診断に用いられている体外診断用医薬品WT1mRNA測定キット「オーツカ」が、骨髄異形成症候群(MDS)にも8月1日から医療保険で使えるようなったと発表した。このキットは、末梢血から抽出したRNAを検体として、WT1mRNAの発現量を測定することで、最初のMDSの診断の補助や、白血病への移行リスクをみる「進行度モニタリングマーカー」として用いる。それにより薬剤選択なども含め治療方針の決定に役立てる。

移行リスクは、基本的にはIPSSやWPSSという国際的な予後判定システムを用いて評価するが、骨髄穿刺液を採取し、染色体検査が必要。高齢者や小児などて同液の採取ができないケースもあり、その際にこのキットで評価することも可能になる。

WT1mRNAの検査が加わることにより、これまでのリスクの評価が低リスクであってもWT1mRNAが高値を示す場合は、高い移行リスクが考えられるという。そのためこのキットは「IPSSやWPSSに加え、新たなマーカーとして適切な治療方針の決定に寄与するものと考えている」としている。

検査点数は2000点、判断料125点(いずれも月1回算定)。同製品の包装単位は96テスト用で、-20度以下で貯蔵。希望納入価は120万円(税別)。
 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー