【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

英NICEガイダンス案 サノフィの前立腺がん治療薬Jevtanaを推奨せず

公開日時 2011/10/06 04:00

英国立臨床評価研究所(NICE)は9月29日、仏サノフィの前立腺がん治療薬Jevtana(cabazitaxel)について、国民保健サービス(NHS)における前立腺がんのセカンドラインとしてのプレドニゾンもしくはプレドニゾロンとの併用による使用を推奨しないとするガイダンス案を発表した。同剤は生存率の延長をみせ、CHMP(ヒト医薬品委員会)の審査も記録的な早さだったが、推奨には至らなかった。


NICEの評価委員会(Appraisal Committee)は、同剤の増分費用対効果が質調整年(QALY)当たり8万9000ポンド(13万9000ドル)以上になると算出。NHSのリソースを使用するのには適切でないとした。通常、QALY当たり3万ポンド以下の薬剤を推奨している。

NICEのAndrew Dillon事務総長(Chief Executive)は、「サノフィは、患者アクセス計画を提案するなど、NHSの同剤の取得価格を下げることを考慮することができる」と述べ、薬価を低下させることによるメリットを示唆した。
サノフィは現段階で、患者アクセス計画の提案について、コメントなどは発表していない。

仮に、最終ガイダンスでも同剤が推奨されなくても、英国では、政府が設立した「がん治療薬基金」(Cancer Drugs Fund)を患者が活用することで、NICEが推奨しなかった薬剤であっても用いることが可能だ。


(The Pink Sheet Daily 10月3日号より) FDAと米国製薬企業の情報満載 “The Pink Sheet”はこちらから

 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー