【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

エーザイ・12年度第1四半期 主力のアリセプト売上2割減

公開日時 2012/08/02 04:02

エーザイは8月1日、2013年3月期第1四半期(4-6月)決算を発表した。それによると、11年11月にジェネリック(GE)が発売され、薬価改定で約16%引き下げられた主力のアルツハイマー型認知症治療薬アリセプトの国内売上高は23.9%減となった。もう1つの主力品のPPIパリエットもGEと約15%の薬価引き下げを受けて11.5%の減収。その影響などにより国内医療用薬売上は8.0%減の755億円となった。

国内のアリセプトの減収の背景には、競合品の出現もあるが、ジェネリック(GE)による影響の方が大きかったようだ。同社は「GEの浸食が国のGE使用促進などにより想定より大きかった」と説明。数量ベースのGEシェアは同社独自の分析では20%超と見ているという。

年間売上計画の900億円を堅持する方針。同社としては、疾患啓発による新規患者への処方、GEがない高度のアルツハイマー患者適応の10mg錠の処方増、服薬継続率の向上といった取り組みで、達成を目指すとしている。

海外売上を含めた連結業績全体では、海外市場での主力品のアリセプト、パリエットの売上減が大きく影響したことや、薬価改定で11%強の引き下げを受けたこなどから2桁の減収減益となった。12年度業績予想の変更はなく、新製品の抗がん剤ハラヴェン、関節リウマチ治療薬ヒュミラの売上増はあるものの、11%強の薬価改定の影響、アリセプト、パリエットの売上減が大きく、全体では減収。当期純利益は、税金費用の減少などで0.8%増を確保する。国内医療用薬売上高は2.5%減の3312億円を計画している。

【連結業績(前年同期比)12年度通期予想(前年同期比)】
売上高1469億0800万円(12.2%減)6100億(5.9%減)
営業利益191億4500万円(13.8%減)870億円(9.1%減)
経常利益179億3900万円(15.2%減)820億円(8.9%減)
純利益118億7200万円(12.1%減)590億円(0.8%増)

【グローバル製品売上高(前年同期)12年度通期予想、億円】
アリセプト273(420)1120
パリエット285(332)1085
ハラヴェン55(26)285

【国内主要製品売上高(前年同期)12年度通期予想、億円】
アリセプト 217(285)900
パリエット 131(148)530
メチコバール 68(74)280
ヒュミラ 58(46)280
リリカ 27(24)非開示
アクトネル 24(29)100
セルベックス 21(26)非開示
ワーファリン 27(24)100
ハラヴェン 13(-)100
ジェネリック 44(32)190




 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー