【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

GSK 気管支喘息・COPD治療薬を国内申請 1日1回のICS/LABA

公開日時 2012/09/27 04:02

グラクソ・スミスクラインは9月26日、気管支喘息・COPD治療薬を日本で承認申請したと発表した。申請は25日付。今回申請したのは、吸入ステロイド(ICS)のフルチカゾンフランカルボン酸エステルと長時間作動型β2刺激薬(LABA)のビランテロールによる、いわゆるICS/LABA配合薬で、1日1回吸入タイプ。同社はICS/LABAの気管支喘息・COPD治療薬としてアドエア(一般名:フルチカゾンプロピオン酸エステル/サルメテロールキシナホ酸塩)を販売しているが、同剤は1日2回吸入する。

今回申請した成分のうち、フルチカゾンフランカルボン酸エステルの創製元はGSK、ビランテロールは米国テラバンス社。今回申請した配合薬は両社提携による開発品となる。

日本の喘息死数は経年的に低下してきたものの、治療中の患者の半数以上が日常生活上の活動に制限を受けている。COPDについては年々増加する死亡者数が1万6000人を超え、年間医療費は8000億円に達するという。GSKのフィリップ・フォシェ社長は、「GSKは40年にわたって喘息およびCOPDの治療薬開発と啓発活動に取り組んできた」とした上で、こういった市場環境から、「喘息・COPD診療におけるGSKの果たすべき役割は未だ多くある」として、開発品の充実や新薬の早期の承認取得・上市に取り組みたいとコメントした。

GSKが日本で手掛ける呼吸器用剤のうち、後期開発品には▽長時間作動型抗コリン薬(LAMA)umeclidinium bromide(予定適応症:COPD、フェーズ3)▽LAMAのumeclidinium bromideとLABAビランテロールの配合薬(COPD、フェーズ3)▽抗IL-5モノクローナル抗体mepolizumab(気管支喘息、フェーズ3)――がある。

 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
グーグル

 

ミクスOnline有料会員 利用料金のご案内



どちらのプランも契約期間内はミクスOnline内のすべてのページ、全ての機能を使い放題!
有料会員限定のコンテンツやダウンロードファイルも全てご利用いただけます。




月間・年間 プレミア会員のお申し込みはこちら








一括購読割引プランのお問い合わせはこちらから



学生は「アカデミア会員」(月間 780円/月+税)をお申込みください>こちら
医師、歯科医師は「医師/歯科医師会員」(無料)をお申込みください>こちら​




バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー