【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

「MR君」でのポイント付与 クリックごとは廃止の方向で検討 エムスリー

公開日時 2012/10/17 04:02

エムスリーは10月16日、本誌取材に対し、インターネットによる医薬情報提供サービス「MR君」で、各コンテンツのメッセージごと(=医師がクリックするたび)に医師に付与していたポイントを廃止する方向で検討していることを明らかにした。これは2013年後半から実施予定の新たなポイントシステムの一環で、同年前半から試行に着手する。

同社によると、「MR君」でのポイント付与は、サイト全体を活性化させるために同社が自主的に医師会員に提供しているもの。今回、「MR君」でのポイント付与方法を見直す理由は、「従来以上に中立性を高めるため」(同社広報部)と説明している。

「MR君」でのポイント付与をめぐっては、かねてから、ネットでの情報活動に対して結果として金銭が発生しているとの誤解を招きかねないとの指摘や、処方誘引との関連性を指摘する声もあった。そして12年4月から、製薬企業から医療機関・医師に支払った原稿料などの金銭を開示する透明性ガイドラインが施行され、業界全体が医師への金銭支払いにセンシティブになっている。このような環境変化の中でエムスリーは、ポイントシステム全体を見直す必要があると判断したものとみられる。

新しいポイントシステムの詳細は今後決定されるが、同社は、「治療に関する意見交換サービスなど、様々なサービスにポイントのようなインセンティブをつけて、会員の活性度合いを見て決定していきたい。コンテンツの閲覧に関わらず、m3.com内の様々なサービスを利用することに対してポイントが付与される方向」とし、「MR君」に関するポイントについては、「メッセージごとのポイント付与は廃止し、企業を横断して一定量の情報閲覧をした場合や、他のサービスも利用した場合にポイントを付与する方向」と文書で回答した。

日本製薬工業協会のプロモーションコード関係の実務担当者の会合でも、最近、ITサービスを利用したプロモーションをテーマに勉強会を開くなどしている。関係者によると、今秋の会合では、ネットでのプロモーション活動におけるポイント付与に対して、出席者から慎重な対応が必要との認識や姿勢が示された模様だ。

 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(52)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー