【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

【ミクス医薬ランキング:注目のデータ1】世界医薬品売上

公開日時 2012/11/07 04:01
医療・医薬品データをランキングにまとめたミクス増刊号「医薬ランキング」(2012年版9月25日発売)から、注目のデータを今回から定期的に紹介していきます。第1回は、問い合わせが多い世界医薬品売上。トップはファイザーの高脂血症薬リピトールで、11年11月に米国で特許満了を迎えて11%減となり、100億ドルを切ったものの95億7700万ドルを売り上げた。上位にランクインしているのは、抗がん剤、喘息やCOPDなど呼吸器系治療薬、関節リウマチ薬(生物学的製剤)などだった。

これは編集部が、11年度決算資料で確認できた売上高10億ドル以上の113製品をまとめたもの。トップ20(43億ドル以上)を見ると、薬効領域別では抗がん剤が4製品(5位リツキサン(ロシュ)、7位アバスチン(ロシュ)、8位ハーセプチン(ロシュ)、17位グリベック(ノバルティス))と最も多い。

喘息・COPD薬は3剤(2位のアドエア(GSK)、12位シングレア(メルク)、20位スピリーバ(BI))。あとは2製品ずつで生物学的製剤の関節リウマチ治療薬(3位ヒュミラ(アボット)、11位レミケード(ヤンセン))、統合失調症治療薬(9位セロクエル(アストラゼネカ)、15位エビリファイ(大塚製薬/BMS))、高脂血症治療薬(1位リピトール(ファイザー)、6位クレストール(アストラゼネカ))、糖尿病治療薬(インスリン含む)(13位ランタス(サノフィ)、16位ジャヌビア(メルク))といった状況。
 
この中で生物学的製剤の関節リウマチ治療薬ヒュミラ(アボット)、DPP-4阻害薬の2型糖尿病治療薬ジャヌビア(メルク)は年間10億ドル以上の増収となり、ヒュミラは79億3200万ドルと3位でトップ3入り、ジャヌビアは配合剤含め46億8700万ドルで16位となった。

集計した製品をメーカー別にみると、ファイザー12製品、メルク10製品、ロシュ9製品、サノフィ8製品、ノバルティスとイーライリリーが各7製品。日本勢は武田薬味品が4製品、アステラスとエーザイが各2製品、第一三共と大塚ホールディングスが各1製品だった。 







 



プレミア会員はミクスOnlineでも閲覧できます(データ名「世界のブロックバスター」) こちら

サンプル こちら
 
購入 こちら

【訂正】下線部の高脂血症薬リピトールの売上高の単位に誤りがありました。正しくは、95億7700万ドルです。訂正します。(修正済 11月8日18:30)                                                
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー