【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

EPSグループ ファーマネットワークとメディカルライン合併 新社長に西塚氏

公開日時 2013/05/07 05:01

イーピーエス(EPS)は5月1日、同社子会社でCSOのファーマネットワークとコールセンター受託を行うメディカルラインの合併を決めたと発表した。10月1日に実施する予定。医師や薬剤師など医療従事者からの問い合わせ、メーカーのコールセンターへの医療資格者派遣などを行うメディカルラインを加えることで、MR派遣を中心とするCSOサービスの幅を広げ、医薬品・医療機器メーカーのニーズに応えたい考え。

 
EPSによると、これまでも両社は協力することがあったといい、合併することで提案の幅を広げるとともに、他社のCSOにないコールセンター受託を持つことで差別化を図る。
 
合併はファーマネットを存続会社にし、メディカルラインを吸収する形。新社名は「EPメディネット」(仮称、東京都文京区)とし、代表取締役社長にはメディカルライン社長の西塚淳一氏が就く。
 
ファーマネットワークとメディカルラインの事業規模は次のとおり(12年9月期決算)。
売上高 38億65百万円(ファーマ) 20億16百万円(メディカル)
営業利益5億75百万円(ファーマ) 1億円(メディカル)
 
CSO業界では、コスト競争が激しくなりつつある中で、中核的なサービスのMR派遣に加え、新しい付加価値サービスモデルの展開を目指す動きが相次いでいる。コールセンター大手のベルシステム24から独立・分社する形で、12年3月にベル・メディカルソリューションズが発足、CSO事業の一環として医療専門のコールセンター受託などを展開。13年3月には米CSOのインヴェンティブと業務提携した。
 
12年5月、メディサイエンスプラニングがeディテールサービスを展開するエムスリーと資本・業務提携を発表。同年10月、アポプラスステーションは、調剤薬局大手のクオールの傘下入り。同年11月には、シミックと英CSOのAshfieldグループの日本法人と業務提携、アプシェと英CSOとAPODI社と戦略的提携の発表があった。
 
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー