【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

EMA 8月の組織再編のコンセプトなどを公表

公開日時 2013/05/28 05:00

欧州医薬品庁(EMA)はこのほど、今年8月に一部組織再編を実施する予定だが、そのコンセプト、方向性などを明らかにした。EMAは、ヒトの公衆衛生および動物の保健衛生の向上という使命を確実なものとするために、①EMAの各科学委員会(ヒト医薬品委員会など)活動の充実のために各委員会の科学的業務の支援をいかに適切に行うか、②ステークホルダーやパートナーといかにより適切にEMAの所有するデータを共有するか、③ステークホルダーやパートナーのニーズにいかに的確に応えるか‐の3点を再編のコンセプトに据えた。


EMAのGuido Rasi専務理事は、組織再編の目的について、EMAの科学委員会ばかりでなく各国衛生当局からの専門家に対して、品質が高く一貫した意見を述べ、適切な支援を行うことで、将来の環境変化に準備する必要があることに言及した。同専務理事はそうすることで、EMAの業務の効率性・実効性の向上が期待できるとの考えを示し、さらにEMAが既存の資源を活用し、将来の法律的および政策的変化に一層的確に対応が可能なようにする目的があると話した。


同委員会の支援に加え、EMAは、欧州の医薬品ネットワーク全体におけるデータ収集・分析・伝達の中核的機能の強化を図る。ステークホルダーやパートナーとのEMAが所有するデータの共有を促進する。EMAのデータベースは、各国衛生当局とEMAの評価及び監督のもとにあるデータと製薬企業のデータに依存しているばかりでなく、欧州のウェッブサイト上の医薬品情報のソースになっている。また、今回の再編では、EMAがステークホルダーやパートナーとの関与の仕方や支援の方法も改善することを考えている。これには、新薬の研究開発中の製薬企業への一貫した支援、中小企業を含めた医薬品業界への新たなコンタクトの機会の設置、患者および医療従事者との交流の場の統合などが計画されている。


この再編は2013年8月に開始され、医薬品評価・監督の継続性を保持しながら18か月掛けて行う予定。


具体的な組織再編については今後数か月内に公表される模様。現段階では、4つの部署を持つヒト医薬品を担当する2つの部門の再編に焦点が絞られている。再編対象部門は、R&Dフェーズの支援部門、医薬品評価とライフサイクルマネジメント部門、手続きマネジメント・ビジネスデータ部門、査察・ファーマコビジランス部門の予定。

 


 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー