【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

抗ヒスタミン薬 小児科で第一世代薬の処方シェア高く

公開日時 2014/01/31 00:00
耳鼻科、皮膚科第二世代の新薬レボセチリジンが急速に浸透今年も花粉症のシーズンがやってきた。厚生労働省によると、国内人口の約2人に1人が何らかのアレルギー疾患を有し、最多は人口の40%以上が罹患していると推定されるアレルギー性鼻炎(花粉症含む)である。従来から花粉症では抗ヒスタミン薬の内服が治療の中心。そこで過去数年間の花粉症シーズンにおける抗ヒスタミン薬の処方動向を振り返っておきたい。なお、花粉症シーズンは各年2~4月と定義する。医療情報総合研究所(JMIRI)の処方情報データベースによると、直近の2013年シーズンの処方せん枚数ベースのシェアでは、トップからフェキソフェナジン16%、オロパタジン11%、エピナスチン9%、クロルフェニラミン9%、レボセチリジン8%――と続く(図1)。ちなみに...
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き

ここから先はプレミア会員の方のみお読みいただけます。

新規の会員登録はこちら新規の会員登録はこちら

医師・歯科医師、学生はこちらから、ご登録ください。
会員登録がお済の方は、ログイン後に記事の続きをお読みいただけます。

トライアルお申込みはこちらトライアルお申込みはこちら
  • 料金プラン料金プラン
  • サービス詳細サービス詳細

プレミアコンテンツのご案内PREMIER CONTENTS

特集

ミクス編集部発の生産性向上につながるイチ押しコンテンツが満載!

経営・製品

製薬各社の営業体制やデジタル戦略などを紹介。経営陣のインタビューも。

制度・政策

ミクス編集部の視点で鋭く解説。半歩先の市場を照らします。

データ・ランキング

MR数や開発パイプラインなどのデータを豊富に取り揃え。

リサーチ

医師やMRのインサイトを浮き彫りに。病院の新薬採用状況も毎年調査します。

電子ブック

雑誌イメージそのままに、オンラインでもオフラインでも閲覧も可能!

共有機能

全てのコンテンツをチーム内でワンクリックで共有。チームの生産性向上に一役!

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

読者レビュー(0)

プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー