【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

基礎的医薬品 ケフラール、ホスミシン、MSコンチンなど134成分617品目が対象

公開日時 2016/01/21 03:52

厚労省は1月20日の中医協総会に、4月実施の薬価制度改革で試行的導入される“基礎的医薬品”の対象品目として、ケフラールやホスミシン、MSコンチンなど134成分617品目がリストアップされたと報告した。現行の不採算品再算定、最低薬価になる前の薬価を下支えする仕組みで、規格ごとに販売額が最も大きい銘柄に価格を集約し、その薬価を維持する。この日の総会には、特例拡大再算定として抗血小板薬・プラビックス錠、C型肝炎治療薬・ソバルディ錠、ハーボニー配合錠、抗がん剤・アバスチン点滴静注の4成分6品目が該当したほか、ダクルインザ錠、スンベプラカプセル、ヴィキラックス配合錠のC型肝炎治療薬や加齢黄斑変性治療薬、抗てんかん薬など20成分45品目が市場拡大再算定に該当することが報告された(ミクスOnline 20日付詳報 記事はこちら


以下の関連ファイルから、市場拡大再算定、特例拡大再算定、基礎的医薬品の資料をダウンロードできます。1月25日まで無料公開、その後はプレミア会員限定コンテンツになります。


基礎的医薬品は、(1)収載から25年以上経過し、かつ成分全体および銘柄の乖離率が全ての既収載品の平均乖離率以下 (2)一般的なガイドラインに記載され、広く医療機関で使用されているなど汎用性のあるもの (3)過去の不採算品再算定品目、並びに古くから医療の基盤となっている病原性物に対する医薬品及び医療用麻薬――を満たす製品。

◎オーグメンチン、タリビット、スミフェロンもリストアップ

対象品目としては、ケフラール、ケフレックス、ホスミシン、オーグメンチン、タリビット、バクシダール、アザクタムなどの代表的な抗菌薬がリストアップされた。このほかスミフェロンやイムノマックスなどのインターフェロン製剤も含まれる。

厚労省が中医協資料に示した代表的な基礎的医薬品は、▽感染症治療薬・アモリン細粒、肺結核治療薬・エブトール錠、HIV感染症治療薬・レトロビルカプセル、単純ヘルペス脳炎治療薬・アラセナーA点滴静注用など病原性物51成分163品目、▽MSコンチン錠、アンペック注など麻薬6成分33品目、▽てんかんのけいれん発作治療薬・アレビアチン散、乳幼児甲状腺機能低下症治療薬・チラージンS散、多発性骨髄腫治療薬・経口用エンドキサン原末、有機リン酸中毒治療薬・パム静注、経口摂取不能な場合の水分補給・ソルデム3輸液(維持液)など不採算品再算定品目77成分421品目――となっている。

なお、この制度によらず十分な収益性が見込まれる品目は対象外とするとともに、基礎的医薬品として薬価が維持されている間は継続的な安定供給を求めることとした。一般的には最も販売額が高い品目で最も高薬価になるケースが多いが、これに該当しないケースについては企業の意見を拾い上げ、品目を決定した。

厚労省保険局医療課の中井清人薬剤管理官は、今回対象となった品目数が実際に申請のあった品目の約7~8割程度だったと説明。要件を明確化していたことから申請企業で一定の判断ができたとの見方を示した上で、「申請品目のうち、(要件である)ガイドラインへの記載や平均かい離率に関する要件を満たさなかった約2~3割の品目が対象品目とならなかった」と説明した。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(8)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー