【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

調剤薬局の併用薬数 12年ピークに右肩下がり 15年は平均3.57剤

公開日時 2016/01/31 00:00
処方量トップのロキソプロフェン併用上位にレバミピド、ケトプロフェン、メコバラミン近年、高齢者を中心に多剤処方がとりわけ問題視されている。多剤併用は時として患者の服薬アドヒアランスの低下を招き、大量の残薬にもつながる。そこで今回は医療情報総合研究所(JMIRI)のデータから処方せんレベルでの薬剤処方数の実態を明らかにしたい。まず、最新の15年11月から過去6年分の処方せん当たりの平均薬剤数の推移は、09年11月が3.61剤、12年11月が3.68剤とピークで、その後は15年11月の3.57剤まで右肩下がりの傾向である(図1)。JMIRIではこの減少傾向について、「薬局での残薬確認、多剤処方解消への取り組みの効果ではないか」と分析する。12年4月の調剤報酬改定では薬剤服用歴管理指導料の算定要件に...
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き

ここから先はプレミア会員の方のみお読みいただけます。

新規の会員登録はこちら新規の会員登録はこちら

医師・歯科医師、学生はこちらから、ご登録ください。
会員登録がお済の方は、ログイン後に記事の続きをお読みいただけます。

トライアルお申込みはこちらトライアルお申込みはこちら
  • 料金プラン料金プラン
  • サービス詳細サービス詳細

プレミアコンテンツのご案内PREMIER CONTENTS

特集

ミクス編集部発の生産性向上につながるイチ押しコンテンツが満載!

経営・製品

製薬各社の営業体制やデジタル戦略などを紹介。経営陣のインタビューも。

制度・政策

ミクス編集部の視点で鋭く解説。半歩先の市場を照らします。

データ・ランキング

MR数や開発パイプラインなどのデータを豊富に取り揃え。

リサーチ

医師やMRのインサイトを浮き彫りに。病院の新薬採用状況も毎年調査します。

電子ブック

雑誌イメージそのままに、オンラインでもオフラインでも閲覧も可能!

共有機能

全てのコンテンツをチーム内でワンクリックで共有。チームの生産性向上に一役!

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

読者レビュー(0)

プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー