【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

東邦HD・2017年3月期第2四半期 医薬品卸売事業は2.5%増収 C肝薬が寄与

公開日時 2016/11/10 03:50
東邦ホールディングス(HD)は11月9日、2017年3月期第2四半期(4月~9月)決算を発表し、医薬品卸売事業はC型肝炎治療薬の売上などが寄与し、売上高は5916億8700万円、2.5%増、営業利益は78億5400万円、49.0%増となった。増収は経口C肝薬が支えた形。しかし、通期で約800億円の売上を見込む経口C肝薬は当初の想定した売上を下回ったうえ、需要は縮小傾向にあり、そのほか薬価改定や後発医薬品(GE)の使用拡大、仕入原価率の上昇などもあり、HD全体の通期業績予想を下方修正した。
 
この日会見した常務取締役の加藤勝哉経営企画本部長によると、C肝薬以外でも横ばい見込みだったが、マイナス成長である上、仕入原価率の上昇も業績に影響を与え始めている。仕入についてはGEへ急速に切り替えが進んだことで長期収載品が減り、メーカーとの交渉の余地が少なくなっているという。これらを背景などで増収であっても計画は未達であったことも踏まえ、通期業績予想を修正したとしている。なお、同社は、ギリアド・サイエンシズの経口C肝薬を扱う卸の一つ。
 
【16年度中間期の連結業績(前年同期比) 16年度予想(前年同期比)】
売上高 6157億7800万円(2.3%増) 1兆2350億円(5.6%減)(修正前 1兆2850億円)
営業利益 76億4000万円(25.1%増) 135億円(52.8%減)(修正前 187億円)
純利益 68億9000万円(61.1%増) 124億円(43.0%減)(修正前 149億円)
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー