【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

MTI 薬局利用者の健康情報と薬歴を一括管理 個々に合った指導を可能に 薬樹などで試行へ

公開日時 2017/01/25 03:50

スマートフォン向けコンテンツ配信などを手がけるエムティーアイ(MTI)は1月24日、薬局利用者が体重や血圧などの健康情報を入力して自ら健康管理するアプリの情報を、薬局の管理画面でも薬剤師らが見られるようにし、日々の健康情報も踏まえた服薬・健康指導を可能にする薬局業務支援サービスを開発したと発表した。かかりつけ薬剤師、健康サポート薬局の機能を支援したい考え。2月から、保険薬局を展開する薬樹(神奈川県大和市)などで試行・検証を行い、6月には正式に発売する。

サービス名は「『CARADA』薬局パッケージ」。個人向けの健康自己管理アプリ「CARADA」に入力されている歩数、体重、睡眠、血圧、血糖値、検査値、食事、お薬手帳などの情報を、薬局でも閲覧できるようにするシステム。これまで薬剤師が知ることができなかった、利用者の日々のバイタルの変化等の情報も得られることで、利用者の状態に合わせた服薬指導や健康維持・増進に向けた助言ができるようにすることを念頭に開発された。

MTIは、2月から始める試行を薬樹の10店舗から始め、最終的には他の薬局の参画を得て数十店舗、数百人の利用者でサービスを検証する方針。この中で販売価格を決めるとしている。

薬樹の小森雄太社長は、同日都内で開かれた説明会に出席し、地域包括ケアの中での保険薬局の役割について「医薬品の安定供給だけでなく、国民の生活を向上させることに向け本格的にシフトチェンジする時代ではないか」と指摘し、薬を調剤することに加え、服薬後のフォローアップを、日々の健康状態を踏まえて個々の患者に合った指導が求められていることを強調。しかし、患者自身の情報と薬局内の薬歴等の情報がバラバラに保有されている状況では難しいとし、利用者の健康情報を薬局でも見られるような環境が必要だとした。今回MTIが開発したサービスについて小森社長は「我々の薬局の方向性と合致している」と話した。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー