【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

【World Topics】HIMSS2017 ヘルスケアITに注目集まる

公開日時 2017/02/28 03:50

米国最大級のヘルスケアITコンベンションHIMSS2017 (Healthcare Information and Management Systems Society) がフロリダ州オーランドのコンベンションセンターで開催された。参加者は開催初日にすでに約2万人。本格的な展示開始の2月20日には5 万人を超えてなお増え続けている。

http://www.himss.org

会場周辺のホテルは満室。ホテルだけではない。筆者が乗ったサンフランシスコからオーランドに向かうフライトでもシート周辺の大半はHIMSS参加者。全員初対面にもかかわらず、4時間半のフライトは「トランプ新政権下でヘルスケアITはどうなる?」の議論で盛り上がった。

オバマ政権の8年間、ヘルスケアITへの投資は米国経済を牽引する強力なエンジンのひとつであった。新政権下でのヘルスケアITの行方が国民的関心事であるのは当然だ。

HIMSSの調査によれば(2017 Leadershi and Workforce Survey)、関連業界のトップマネジメントも、また実務担当者も米国のヘルスケアIT には引き続き成長を見込んでいる。

マネジメントも実務担当者もともに関連予算は増大を続けていると回答しており、ともなってこの分野の雇用の増大・業界の成長はともに継続すると見込んでいる。業界共通のプライオリティ事項はひきつづき医療現場におけるIT問題とくにプライバシー保護およびセキュリティ問題、ケア・コーディネーションおよびポピュレーション・ヘルスなどにおかれるとみている。

概ね同一傾向にあった調査結果で、唯一医療機関関係者とベンダーやコンサルティング機関で意見が別れたのは、直近のプライオリティ。医療機関が依然としてEHR整備に高いプライオリティを置いているのに対し、ベンダーなどはデータの高活用はじめ医療機関の外に拡大する課題設定に動き出している。

Lorren Pettit(HIMMS調査研究部門VP)は「ヘルスケアIT の専門家に対するニーズは引き続き拡大基調。 医療機関だけでなく、ベンダーやコンサルティング業界からのニーズも増加しており、雇用も引き続き増大の見込み」と要約し、今後の課題について「ヘルスケアITが単に医療機関にとってだけ重要なのではなく、 社会全体により広く貢献できることを啓発・周知していくべき段階にきた」と述べた。(医療ジャーナリスト 西村由美子)

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
グーグル

 

バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー