【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

メディパルHD 高機能物流センター「関東ALC」竣工 需要予測システムで在庫圧縮

公開日時 2019/04/03 03:50

メディパルホールディングス(HD)は4月2日、埼玉県加須市に高機能物流センター「関東ALC」(エリア・ロジスティクス・センター)を3日に竣工すると発表した。医薬品、医療機器・材料、検査試薬の全ての約2万5000品目以上を取り揃える。多品目を供給する機能を持ちながら、独自に開発した需要予測システムにより不必要な在庫を圧縮する。出荷精度をぎりぎりまで高め、得意先でのNO検品を実現する。6月の稼働を予定する。

メディパルは、物流サービスのローコスト化を推進するALCの整備を全国の主要都市で進めてきており、今回で11拠点目。かつてあった埼玉物流センターを全面改修し、高機能化した。需要予測システムによる在庫の圧縮のほか、分割品の自動ピッキングなど倉庫内作業の自動化をさらに進めた。同社の調剤薬局業務支援システムと連動すれば、在庫品の⽋品率、発注時間、緊急配送の削減も可能にする。

埼玉県では、三郷市にある「埼玉ALC」に続き2施設目となる。配送エリアを補完し、関東ALCは、福島県、茨城県(一部)、栃木県、群馬県、埼玉県(一部)、東京都(多摩エリア)、新潟県、長野県(一部)と関東甲信越までカバーする。出荷金額は稼働当初は年間約2300億円。設備投資額は約80億円。

自家発電設備、災害時の緊急配送用バイクを配備するとともに、自動倉庫・商品ラックに免震装置を施し、商品の落下、飛散を防ぐ。システム・通信の二重化などにより地震などの自然災害時にも、安定して供給できる体制を整えた。

所在地は、埼玉県加須市大桑1-9。建築面積9532m2、延床面積2万5077m2。鉄骨造、地上4階建。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー