【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

経産省 新型コロナで医師による遠隔健康相談開始 LINEヘルスケアとMediplatが相談窓口に

公開日時 2020/03/12 04:53
経済産業省は3月11日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により国民の健康不安が高まっていることから、遠隔で医師に無料相談できる健康相談事業を開始すると発表した。無料相談窓口は11日から31日まで設置する。相談窓口は、LINE社とエムスリーの合弁会社であるLINEヘルスケア社と、メドピア連結子会社のMediplat社の2社に委託することも決定した。

医師による遠隔健康相談事業は、10日に取りまとめられた新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策のひとつとなる。新型コロナウイルス感染症の特徴を踏まえて、感染不安から適切な相談をせずに医療機関を受診することや感染しやすい環境に行くことを避けてもらうため、同事業を始める。

同事業では、相談者はPCやスマートフォンなどの情報通信機器を用いて医師とコミュニケーションを行い、医師は相談者個人の心身の状態に応じて必要な医学的助言を行う。相談者の個別的な状態を踏まえた診断や薬の処方は行わないが、医師に遠隔相談できる。

■LINEヘルスケア 対応医師を1000人規模に拡充へ

LINEヘルスケアは、28万人以上の医師会員を持つエムスリーと協力して、今回の健康相談に対応する医師を1000人規模まで「積極的に拡充する」としている。無料相談が可能な診療科は内科、小児科、産婦人科、整形外科、皮膚科、耳鼻咽喉科――となる。アクセス方法は、LINEアプリを起動し、上部にある検索窓で「LINEヘルスケア」と検索して利用する。無料相談に土日を含めて24時間対応する。チャット形式で医師に相談できる「いますぐ相談」(予約も可)と、テキストメッセージで詳しく医師に相談できる「あとから回答」の2種類のメニューを用意した。

■Mediplat チャット形式で匿名で医師に相談可

Mediplatは、医師によるチャット型医療相談サービス「first call」を、新型コロナ向けに無料開放する。今回の無料相談を個人で利用する場合は、会員登録して利用する(https://www.firstcall.md/、既に登録している人はそのまま利用可)。法人契約する(https://www.firstcall.md/Home/Subscription/business)と、従業員は無料で利用できる。無料相談は土日を含めて24時間対応する。同社によると、サービスの特徴として、チャット形式で匿名で医師に相談でき、一般内科や小児科など12科目の医師が相談に応じ、目に見える症状はスマホで撮影して画像添付することも可能だとしている。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(8)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー