【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

第106回薬剤師国家試験 合格率68.66% 前回から0.92ポイント減

公開日時 2021/03/25 04:50
厚生労働省は3月24日、第106回薬剤師国家試験(2021年2月実施)の合格者を発表した。合格率は68.66%で、前年から0.92ポイント下落した。6年制の新卒者と既卒者でみると、新卒者は8711人が受験して7452人が合格し、合格率は85.55%(前年から0.77ポイント増)。一方で、既卒者は5035人が受験して合格者は2079人で、合格率は41.29%(同1.38ポイント減)だった。既卒者の合格率の下落が全体の合格率を下げた格好だ。

文末の「関連ファイル」に厚労省発表の第106回薬剤師国試 大学別合格者数の資料を掲載しました。どなたでもダウロードできます。

近年の合格率を見ると、第101回の薬剤師国試(15年)の76.85%をピークに、右肩下がりの傾向が続いている。

今回の合格率を男女別にみると、男性が63.93%、女性が71.60%だった。6年制新卒の男女に合格率の差はほとんどなかったが、6年制既卒者では男性34.49%、女性46.06%と、女性で10ポイント以上、合格率が高かった。

設置主体別の合格率は、国立が81.30%、公立が83.64%、私立が67.75%――。これを6年制新卒者に限って見てみると、同90.79%、90.37%、85.10%――となる。

大学別に合格率を見ると、合格率90%以上の大学は国立の金沢大学(合格率94.74%、受験者38人、合格者36人)、私立の名城大学(同92.68%、246人、228人)、私立の医療創生大学(同95.92%、49人、47人)――の3大学のみだった。合格率50%以下は8大学で、全て私大だった。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(8)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー