【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

花粉症ピークの21年3月 抗アレルギー薬は前年比17%増

ビラノアはシェア11%で4位 点眼薬はアレジオン点眼液が40%超え

公開日時 2021/05/01 00:00
東京都福祉保健局のデータでは、千代田区の21年2月のスギ花粉飛散量は前年同月並み、3月は前年同月の約2.5倍だった。一方で、新型コロナの感染対策でマスク着用が日常の光景となっており、花粉症の予防に一役買っている可能性もある。そこで今回は、花粉症の症状を抑える抗アレルギー薬の処方変化について、調剤レセプトから実際の処方動向を把握・分析する医療情報総合研究所(JMIRI、読み:ジェイミリ)のデータで分析する。対象は第2世代抗ヒスタミン薬、点眼薬(抗アレルギー薬)、点鼻薬(ステロイド薬、抗アレルギー薬)とした。抗アレルギー薬の処方患者数は、21年2月は前年同月より7%少なかったが、3月は前年同月比17%増と一気に上昇した(図1)。都内の花粉飛散状況からすると小幅な伸びの印象を受けるが、コロナ対策の...
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き

ここから先はプレミア会員の方のみお読みいただけます。

新規の会員登録はこちら新規の会員登録はこちら

医師・歯科医師、学生はこちらから、ご登録ください。
会員登録がお済の方は、ログイン後に記事の続きをお読みいただけます。

トライアルお申込みはこちらトライアルお申込みはこちら
  • 料金プラン料金プラン
  • サービス詳細サービス詳細

プレミアコンテンツのご案内PREMIER CONTENTS

特集

ミクス編集部発の生産性向上につながるイチ押しコンテンツが満載!

経営・製品

製薬各社の営業体制やデジタル戦略などを紹介。経営陣のインタビューも。

制度・政策

ミクス編集部の視点で鋭く解説。半歩先の市場を照らします。

データ・ランキング

MR数や開発パイプラインなどのデータを豊富に取り揃え。

リサーチ

医師やMRのインサイトを浮き彫りに。病院の新薬採用状況も毎年調査します。

電子ブック

雑誌イメージそのままに、オンラインでもオフラインでも閲覧も可能!

共有機能

全てのコンテンツをチーム内でワンクリックで共有。チームの生産性向上に一役!

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

読者レビュー(1)

プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー